どんな解決事例がある?

過払い金請求の相談をすることをためらっている人の中には、自分がした借金のことだからと遠慮したり、あまり過去の借金のことを思い出したくないと思って相談に踏み切らなかったりする人もいるようです。しかし思い切って過払い金請求をしたことによってかなりの成果がある場合が少なくありません。なかには10年以上に渡って複数の会社への返済を続けていた人が、諦めて自己破産をしようかと考えて相談に訪れたところ、過払い金が発生していることがわかり、計算したところなんと1000万円を超える過払い金を回収できるということになったケースもあります

返済他にも債務整理をしようと弁護士事務所を訪れたところ過払い金があることがわかり、戻ってきた過払い金で残債を返済し、弁護士への手数料も支払えて、その時点で借金がゼロになったというケースも珍しくありません。消費者金融やカード会社への返済が長く続いていた人ほど余分に利息を支払っている可能性が高いので、身に覚えがある人は消極的に考えず、気軽な気持ちで相談するようにしましょう。思わぬ展開でお金が戻ってくる可能性は十分にあるのです。そして弁護士費用に関しては戻ってくる過払い金から支払うというケースが多いので、最初に費用を支払う必要はないのが普通です。

 

弁護士に相談する準備

勇気を出して弁護士に過払い金に関して相談をすることにした場合、どのような準備をしておけば良いのでしょうか。まず重要な点として完済した借金に関しては、完済から10年が経過してしまうと過払い金請求をすることができなくなってしまうので、なるべく早めに相談をするべきです。また自分がお金を借りていた業者が倒産してしまった場合も過払い金の回収は困難になってしまいます。なかなか過去の利用明細を取ってある人は少ないと思いますが、かなり大まかな情報でも過払い金請求の手続きに入ることができます。

準備弁護士に過払い金請求の相談に行く場合、最低限必要となる書類は本人の印鑑と身分証明書です。借入先との取引状況がわかるものがあればなんでも提出するようにしましょう。そして残っていればカードそのものも持参するようにしましょう。多くの弁護士事務所が過払い金相談に関して無料の電話相談をしてくれていますので、まずは重い腰をあげて電話をかけてみるようにしましょう。もちろん最近ではホームページ上からメールで相談することができる所もあります。過払い金請求には時間的な制約がありますので、過去に消費者金融を利用していたことがある人はなるべく早く相談しましょう。

過払い金って何?

CMなどで頻繁に流れている過払い金請求について皆さんはどれくらいのことを知っているでしょうか。実際過払い金請求を促すCMの中でも、ぜひ気軽な気持ちで相談してほしいという旨のことを述べていますので、過払い金請求をすることができる可能性がある人でも、思い切って弁護士に相談することをしないケースも多いものです。まずはこの過払い金というものが一体どういうものなのか正確に理解しておくことが必要です。

過払い金過払い金とは簡単に言うと「消費者金融会社やカード会社に対して払いすぎたお金(利息)」のことです。貸金業においてはお金を貸す時にきちんと利息制限法というものがあり、取っていい利息の割合は限られていました。ところが2007年くらいまでこうして定められた利息よりも高い利息でお金を貸していた会社がたくさんいたわけです。ヒドイ話だと感じられると思いますが、貸金業者がお金を貸すうえで出資法と利息制限法という二つの法律が存在しており、それぞれで利息の上限が異なっていたのです。

近年正式に最高裁判所で取りすぎていた利息つまり過払い金を正式に返金手続きをして取り戻すことができるように認められました。この手続きを当事者に変わって弁護士や司法書士がしますよという宣伝をしているのが巷でよく聞かれる過払い金請求に関するCMというわけです。しかしわざわざ弁護士にまでコンタクトを取って過払い金請求をすることを億劫に感じてしまう人も多いようです。次は解決事例や弁護士への相談について紹介します