過払い金って何?

CMなどで頻繁に流れている過払い金請求について皆さんはどれくらいのことを知っているでしょうか。実際過払い金請求を促すCMの中でも、ぜひ気軽な気持ちで相談してほしいという旨のことを述べていますので、過払い金請求をすることができる可能性がある人でも、思い切って弁護士に相談することをしないケースも多いものです。まずはこの過払い金というものが一体どういうものなのか正確に理解しておくことが必要です。

過払い金過払い金とは簡単に言うと「消費者金融会社やカード会社に対して払いすぎたお金(利息)」のことです。貸金業においてはお金を貸す時にきちんと利息制限法というものがあり、取っていい利息の割合は限られていました。ところが2007年くらいまでこうして定められた利息よりも高い利息でお金を貸していた会社がたくさんいたわけです。ヒドイ話だと感じられると思いますが、貸金業者がお金を貸すうえで出資法と利息制限法という二つの法律が存在しており、それぞれで利息の上限が異なっていたのです。

近年正式に最高裁判所で取りすぎていた利息つまり過払い金を正式に返金手続きをして取り戻すことができるように認められました。この手続きを当事者に変わって弁護士や司法書士がしますよという宣伝をしているのが巷でよく聞かれる過払い金請求に関するCMというわけです。しかしわざわざ弁護士にまでコンタクトを取って過払い金請求をすることを億劫に感じてしまう人も多いようです。次は解決事例や弁護士への相談について紹介します